読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vape Noob

Vape初心者のリキッド、アトマイザー、MODなどの雑記です。

Serpent RDTA - WOTOFO レビュー

こんにちは!ketoneです。

今回は初のアトマイザーレビューです。

WOTOFO社のSerpent RDTAです。

f:id:vapenoob:20170324175300j:plain

 他のWOTOFO製品と同じように比較的買いやすい価格帯なので、初心者の私でも手が出しやすかったです。

 

※RDTAをこれしか持っていないため、以降のレビューは完全に個人の感想になります。

 

 

 

 

パッケージ&内容物

f:id:vapenoob:20170324175303j:plain

スライド式の箱に入っています。

オープン!

f:id:vapenoob:20170324175304j:plain

中身は

  • Serpent RDTA本体
  • 予備ガラスチューブ
  • ワイドボアドリップチップ
  • ユーザーマニュアル
  • プラスドライバー
  • コットン
  • 予備Oリング
  • 予備ネジ
  • プリメイドコイル2個
  • Tシャツカード

プリメイドコイルは外箱にはtwisted coilと書いてありますが、

f:id:vapenoob:20170324175305j:plain

・・・・・・フラットクラプトンじゃないのかな?

 

 

スペック

  • 直径:22mm
  • 素材:ステンレススチール+パイレックスガラス
  • リキッド容量:2.5ml
  • 接続:510接続
  • ドリップチップ:510、ワイドボア
  • コイル:シングル
  • エアフロー:ボトムエアフロー

 

 

詳細

全て分解すると7パーツに分解できます。

f:id:vapenoob:20170324175309j:plain

洗浄時は、私はピンを抜かずに行っています。

f:id:vapenoob:20170324175250j:plain

 

ドリップチップ

ドリップチップは510とワイドボアの2種類。

f:id:vapenoob:20170324175257j:plainf:id:vapenoob:20170324175259j:plain

f:id:vapenoob:20170324175254j:plain

510を使うときはウルテムのような樹脂パーツをつけます。

f:id:vapenoob:20170324175256j:plain

ドロー感はそこまで違いがないので、くわえ心地と見た目で選んでいいと思います。

510用の樹脂パーツつけた方がSerpent RDTAっぽさがあって私は好きです!

 

キャップ

キャップ裏は綺麗なドーム状になっています。

f:id:vapenoob:20170324175258j:plain

こういう構造のアトマイザーはおいしいって言われますよね!

 

エアフローコントロール

エアフローコントロールは1箇所。

キャップとデッキ部分の組み合わせで調節します。

f:id:vapenoob:20170324175250j:plain

全開だとかなり軽く、全閉だとほとんど吸えないくらいまで調整可能です。

全閉で強く吸ったらコットンが飛び出ました。

とても優秀ですね!

 

デッキ

まず、接続部です。

f:id:vapenoob:20170324175248j:plain

私はまだメカニカルの知識がありませんが、他の方のレビューを見るとメカでも十分使えるようですね!

 

ビルドする部分はこんな感じ。

f:id:vapenoob:20170324175251j:plainf:id:vapenoob:20170324175252j:plain

ネジがついているのがクランプ式のコイルの足を挟む部分です。

中心の穴がエアフロー、横の2つがウィックホールです。

ウィックホールが直径約5mmと大きめなので、コイルの内径も3mmくらいでビルドしたほうがいいと思います。

 

リキッドチャージは横にある2つの穴から!

f:id:vapenoob:20170324175249j:plain

リキッド瓶によく付いてるスポイトがちょうど入ります。

でもユニコーンとかの細めのほうがオススメ。

 

 

ビルド

カンタル26Gの3mmコアでビルドしてみました。

f:id:vapenoob:20170324175307j:plain

0.6Ωでした。

ビルドは簡単だと思います。

コイルの足は綺麗に切らないとキャップに当たってしまうので、それだけ注意しましょう!

 

f:id:vapenoob:20170324175308j:plain

コットンは短めが好きなのでこのくらいで。

吸うときに横にするので、ちゃんと供給してくれます。

 

ウィックホールに通した後の写真を取り忘れました!

基本的に漏れないようにしっかり塞いでください。

供給悪い場合、ピンセットの先などでほんの少し隙間を空けると上手くいくことが多いです。

 

iStick picoに乗せるとこんな感じ。

f:id:vapenoob:20170324175306j:plain

 

 

感想

キャップのドーム状の加工のおかげか、スムーズにミストが吸えていると思います。

また、エアフローコントロールの精度がいいので、低抵抗でドロー軽めから高抵抗でドロー重めまで対応できるのもいいですね!

デッキもクランプ式なので、単線でもクラプトンでもしっかり抑えてくれてビルドも簡単です。

高抵抗でビルドするなら、ドリップチップは細めに変えたほうがいいかもしれません。

 

デメリットはウィックホールの大きさ。

かなり太いので、コイルの内径によってはウィッキングをしっかりしないといけないと思います。

私が使っている限りでは、漏れが気になったことはありません。

また、リキッドチャージしたときに太目のスポイトだと、リキッドホールの周りにリキッドが付いてしまいます。

そのままキャップを着けるとにじみ出てしまうんですよね・・・・・・

ユニコーンボトルのような先端が細いものなら問題ないと思います!

後は、キャップを着ける時、たまに固く感じる程度ですね。

 

少々のデメリットはありますが、価格帯を考えると、とても優秀なアトマイザーではないでしょうか?

低抵抗から高抵抗、味重視から煙重視まで可能なオールラウンダー、Serpent RDTAのレビューでした!

それでは、また次回!

 

 

ランキングに参加しています!ポチッとしていただけると喜びます!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村